禁煙に成功した人にのみわかる禁煙の効果

禁煙は苦しいものですが、吸わないことが苦痛でなくなり、成功したとき、非常に多くの効果を実感できます。

まず肉体的な面では、味覚が鋭くなります。
禁煙をすることで口の中に煙が入らなくなり、舌の感覚が活性化(喫煙前の状態になるだけですが)し、細かな味の違いが判断できるようになります。
奮発して高級なお店に行った時も、そこで食べるものの味が分かればより価値がありますし、食事を楽しむことができます。
人によってはお酒の銘柄によるデリケートな味の違いもわかるようになり、周囲からの尊敬を得られるかも知れません。

次に、呼吸が明らかに楽になります。
まず、禁煙して数日後には咳の症状が軽減されます。就寝前などに咳が出ていたのが嘘のようになるのです。
これは睡眠の質を向上させることにもつながり、同じ時間の睡眠でも疲労が効率よくとれ、毎日の生活にバイタリティが出てくるようになります。
普段の生活で少し体を動かした時にも、呼吸が荒くなりにくくなります。
電車に乗るときなど、ちょっと急いで階段を駆け上がったとき、禁煙の効果が実感できるでしょう。

また、煙草を吸わなくてもイライラが出てこないため、飛行機の搭乗や、仕事での休憩時間が取りづらい時も集中力がなくなることがありません。
労働時間が問題視される世の中で、効率よく仕事ができることは健康への効果と同時にメリットをもたらすでしょう。

次に、経済的なメリットがあります。
煙草の値段は右肩上がりに上昇し続けており、今後も値上がりしていくことが予想されます。
例え現状の価格でも、一日一箱吸っている人は毎月およそ15000円の負担になっています。
年間18万円の節約になることを考えると、煙草を吸うことが贅沢なことであると理解できるでしょう。
煙草は毎日のように購入するものですので、禁煙に成功してからはお金の減りが少なくなることを実感できます。
健康にもお金にも多くの効果が期待できる禁煙を多くの人が行うべきです。

禁煙が早めに成功すればするほどメリットは大きくなる

禁煙をしている期間が長いほど全てのメリットが大きくなります。
煙草を吸わない人なら当たり前のことで、喫煙しているだけ損をしていると考えるべきかも知れません。

禁煙後には体の様々な部分で変化が生じますが、ガンの罹患リスクが非喫煙者と同程度まで減少するには、10年以上煙草を吸わない状況が続くことが条件となります。
あくまでも統計上のことではありますが、煙草の害が完全に無くなるまではそれだけの期間が必要なのです。
ガンの罹患率は依然として高く、喫煙習慣の有無にかかわらず予防を心掛けるべきです。
早く成功するほど非喫煙者と同じ状態を長くキープできます。

肌の老化についても喫煙は大きく関係しています。
一人が喫煙し、もう一人は喫煙をしない双子の写真を比較すると、シワの深さや肌の質感に非常に大きな差が付き、喫煙している方が明らかに老けて見えます。
もちろん二人の過ごしてきた人生に違いはありますが、似た遺伝子を持つ人間を大きく変えるだけの影響があるのです。
病気とは違い、命の危険があるという訳ではないですが、求められるレベルは高くなります。
高価な化粧品やケア用品を使用するよりも、若いうちから禁煙を始めることが肌にとっては最高のケアとなるでしょう。

お金の面についても同じことが言えます。毎年の節約分である18万円は、積み重なれば数百万円になります。
これを長期にわたって運用していればどうなるでしょうか?煙草の価格が上がるとともに、運用益までを考えると経済的メリットはとてつもない金額になります。
もちろん節約したお金を自己投資に用いても良いでしょう。

禁煙を考えている方は、一日も早く実行に移すこと。これがメリットを最も大きくすることになります。