ニコレットにはジェネリックのニコテックスがあります

同じ成分が入っていて同じ効果効能を持つ薬があるというなら、多くの方が安い方を選ぶはずです。
最近ではジェネリック医薬品を利用する方が多くなりました。
病院でも、以前はジェネリックを希望する場合はそれを医師にはっきりと申し出なければなりませんでした。
現在は新薬でなければならないと医師が判断した場合にだけ、処方箋の「ジェネリック医薬品への変更不可」の欄にサインするようになっているため、多くの患者さんが特に気にすることなくジェネリックを手にしているのです。

ジェネリック医薬品は医療用医薬品なので医師の処方箋がないと手に入りません。
忙しい現代人の場合手間がかかります。それに品によっては海外でのみ販売されており日本では出回っていないものもあります。
そんなときには個人輸入代行業者を通じて、通販で手に入れましょう。

ニコテックスもあの有名なニコチンガムのジェネリック医薬品です。
インドで作られており、日本の病院で処方されることはありませんから、個人輸入でインドから取寄せるようにしましょう。
たばこをやめたいという方はぜひたばこを吸いたくなった時に服用するようにしてください。
ニコテックスも成分は同じものである以上、禁煙効果も抜群なのです。
ただし、副作用も同じようにありますから注意してください。

病院処方で手に入れるのと違い、ニコテックスの噛み方や副作用など医師からの説明を受けることはありません。
ガムの形状にはなっているもののガムとは噛み方が異なります。
ニコチンが含まれている以上は子供や妊婦・喫煙しない方にとっては害になる薬です。

個人輸入代行業者の中には悪徳業者も多く存在しており成分が含まれないような偽薬をつかまされないとも限りません。
信頼できる業者を探し、自身で知識を身に付けたうえで使用しましょう。何かあっても自己責任です。
正しく利用すれば新薬に負けない力を発揮します。それに、新薬以上の安さが魅力です。

ニコテックスとニコレットを使い続ける費用の比較

医療機関で処方される医薬品のうち、新薬は研究開発に莫大な費用と長い年月がかかっています。
その分のお値段も反映されているためどうしても高くなってしまうのです。
とはいえ、20年から25年ほどすると新薬の特許期間は切れます。

そうすれば、同じ有効成分を持つ薬を他のメーカーも製造販売してよくなるのです。これがジェネリック医薬品です。
こちらは、すでに研究開発し尽くされているものですからそれほど時間はかからず出すことができます。
そのため2割から8割も安く価格設定できるのです。

ニコテックスに関しても同じです。新薬に比べてかなりお得です。
ただ安さだけを基準に選んでいると偽薬の危険性もあるため信頼できるサイトかどうかをきちんと見るようにしましょう。
最近はお医者さんと一緒に禁煙に取り組む方もいますが、それだと診察料もかかるため更に高くなってしまいます。
調べによると、たばこをやめる理由の第一位は「たばこの値段が上がったから」だそうです。
やめるための費用もできるだけ節約し、お小遣いをまた別のよいものに使えるようにしましょう。

ニコチン入りのガムは、服用することでニコチン中毒によるイライラや集中力の低下・落ち着きなさを抑えてくれます。
始めのうちは何度もたばこを吸いたい衝動が襲ってくるでしょうから1日何度も服用しなければならなくなります。
完全に禁煙に成功するまでに必要とされるニコチンガムの個数は、1日20本程度吸っていた方であれば120から220個程度、30本以上吸っていたような方ともなると400から600個も必要となるのです。
1個1個の値段の違いによってかなりの金額の差が出てきそうです。
ジェネリックで節約しましょう。