チャンピックスを使ってたばこをやめましょう!

チャンピックスはファイザーが販売している禁煙補助薬です。
禁煙補助薬には服用するタイプの飲み薬と貼るタイプのニコチンパッチ、噛むタイプのニコチンガムがありチャンピックスは錠剤で飲むタイプの薬です。

ニコチンを含んでいない内服薬と医療用のニコチンパッチは病院で治療する場合などで健康保険の適用をする事ができます。
たばこを吸うと脳内にあるニコチン受容体にニコチンが結合することで快感物質のドパミンが放出されます。
チャンピックスはこの原理を利用してニコチン受容体に結合しニコチンより少量のドパミンを放出させることができるので禁煙中にイライラする症状も緩和する効果もあります。

禁煙中に我慢ができずに吸ってしまってもニコチンよりも先にチャンピックスの成分がニコチン受容体と結合してしまっているのでニコチンが結合できずたばこをおいしいと感じられなくなってしまいます。
チャンピックスの主成分はバレニクリン酒石酸塩です。

副作用としては吐き気や頭痛、便秘やお腹のはり、不眠や普段と違う夢を見る等が報告されています。
発疹や発熱、のどの腫れやじんましん、食欲不振等のような気になる症状がでた場合には直ちに服用を中止し医師の診断を受けることが大切です。
腎臓疾患や既往症がある人も主治医に相談してから服用することが必要です。
眠気等が表れる場合もあるので自動車や機械の運転は避けた方がいいといわれています。
ニコチンを含んだ禁煙補助薬との併用はしてはいけません。

チャンピックスは初めての人の為のスターターパックとメンテナンスパック、両方を一つにした禁煙フルパック等があり個人輸入することもできますが国内では医師の処方箋が必要です。
自分でコントロールしながらたばこをやめるのは習慣が長ければ長いほど大変なこともあるので、服用方法等のアドバイスをしっかりサポートしてくれる専門外来などでチャンピックスを使って効果をあげることも可能です。
たばこをやめる決心をしたらチャンピックス等の禁煙補助薬を使うのも方法の一つです。

チャンピックスの正しい飲み方と保険適用について

チャンピックスの服用方法は12週間を一サイクルの目安としておりたばこをやめる予定日の一週間前から食後に水かぬるま湯で服用します。
1~3日目には0.5mgを1日一回、4~7日目には0.5mgを1日二回、8日目以降は1mgを1日二回といった飲み方です。
基本的な飲み方はありますが体調によって変わることもあるので医師の診断や処方を守る事が大切です。

飲み初めて8日目から禁煙を開始しますが、8日目にならずに自然にたばこを吸わなくなることもあります。
その場合は早めに禁煙に入るようにして、飲み忘れた場合は二回分を一度に飲むようなことしません。
気がついたときに次の時間まで間があいているようであれば、早めに服用し次に服用するまでの時間の間がない場合はそのまま次回の一回分だけを服用します。

吐き気やめまい、頭痛などがでた場合は医師に相談し他にも症状がでた場合は副作用かも知れないので服用を中止し医師や薬剤師に相談、受診しましょう。
病院で治療する場合はチャンピックスはニコチンが含まれていない禁煙補助薬なので一定の条件があれば健康保険を適用することができます。
条件としては本人がたばこをやめるつもりがあること、たばこを吸ってきた年数に1日の喫煙本数をかけたものが200以上であること、ニコチン医療診断用のスクリーニングテストで5点以上であることなどがあります。

医療機関もどこでもいいわけではなく敷地内に喫煙場所がない等の条件が揃った指定病院となっています。
保険適用期間もチャンピックス等の飲み薬の場合は12週間となっておりその期間を超えると自費負担になることもあります。
専門医の指示のもとチャンピックス等を正しく使えば無理のない禁煙をする事ができるようです。