たばこが体に悪いということはわかっていても、なかなかやめられないという人は多いようです。
実際に禁煙を始めてみても長続きせず成功しないという人の中には、自分の意志が弱いために禁煙できないと思っている人もいることでしょう。
しかし、禁煙できない理由の一つに意志の弱さよりももっと重大なものがあり、それがニコチン依存症です。
ニコチンは一度体に入ってから抜けると、さまざまな禁断症状を引き起こし、それが禁煙を難しくしている原因となっています。

たばこに含まれる有害物質には何がある?

たばこには4,000種類もの化学物質が含まれており、その中の約200種類が有害物質であると言われています。
そして、特に有名な三大有害物質と呼ばれるものが、ニコチン・タール・一酸化炭素です。

ニコチン

こちらには非常に強い依存性があり禁煙の妨げになっている一番の原因にもなっています。
時にはたばこを吸い過ぎたときに起こる、頭痛や吐き気、不眠などのさまざまな中毒症状を引き起こします。

タール

いわゆるたばこ臭いというのはこのタールのにおいが原因となっており、たばこのフィルターや歯に付着することで目にすることができる黒褐色の粘性の物質です。
ニコチンと一緒に摂取することで、体への健康被害をより増幅させると言われています。
タールはフィルターを通すことで体内に入るタールの量をやわらげてはいますが、まったく健康に影響がないわけではありません。
この粘性の高いタールが喉や肺などにとどまることで、咳や痰の症状が出ることもあります。

また、タールは部屋の壁やカーテンなども黄色く変色させてしまい、それによりにおいも同時に付着してしまいます。
歯についた場合も同様で、タールの強いにおいは口臭の原因ともなります。

一酸化炭素

これは血液中の酸素を運ぶ機能を妨害し、動脈硬化を引き起こしたり、心疾患・脳疾患などのリスクを高めたりします。
血液中の酸素運搬が妨害されることにより一時的に血液が酸素不足に陥り、その結果集中力が持続しなかったり、運動能力が低下したりする原因ともなります。
たばこを吸っている人が運動をはじめるとすぐに息切れするのは、この一酸化炭素により慢性的に酸素不足になっているからです。
また、一酸化炭素は車の排気ガスにも含まれています。

その他の有害物質

上記で挙げた以外にもたばこに含まれる有害物質はまだまだあります。
例えばカドミウムやダイオキシン、ヒ素などは誰でも一度は聞いたことがある有名な有害物質です。
カドミウムの中毒ではイタイイタイ病が知られており、ダイオキシンはごみ焼却施設で発生する煙に含まれていることで問題になりました。
たばこに含まれているダイオキシンの濃度でいうと、ごみ焼却施設から出る煙よりも高いと言われています。
ヒ素は殺虫剤などにも使われている物質です。

たばこをやめるには目標を立てましょう

たばこをやめるためには目標を立て、計画的に禁煙をはじめると成功率が上がります。
そしてもう一つたばこをやめるために重要なのは、たばこが体に与える影響についてよく知ることです。
何度も禁煙に挑戦していてもまったく成功しないといった人は、禁煙の一番妨げになっている原因をよく理解していないことにあります。
ニコチンによる依存症についての知識を深め禁煙を成功させましょう。

目標を決める前に自分がもしたばこをやめることができたらと想像してみてやりたいことがあったら、最初にそれを思いつくままに書き出してみます。
例えば、今までたばこを買っていたお金で別の欲しいものを買いたいといったものでもいいですし、単純に健康的になりたいといったものでも構いません。
それを最終目標にするとよいでしょう。

目標は小さく達成できるようなものにする

次にたばこをやめるために立てる目標は、今からできるものでなるべく小さいものにします。
どんな目標を達成する時でも、大きすぎると達成する前にあきらめたり飽きたりすることが多いからです。
はじめは小さな目標をいくつかピックアップし、それを紙でもパソコンでもいいので書き出して確認したらその中から簡単に達成できそうな目標を一つ決め、実際にやってみます。

例えば、これから一時間は吸わないという目標を立てたら、なるべくたばこのことを考えないように何か集中できるものを探します。
それは、仕事でもいいですし家の掃除などでもいいです。趣味などがあったらそれに没頭すると目標を達成しやすいです。
もし何も思いつかなかったら、これをきっかけにあたらしい挑戦をしてみてもよいでしょう。

そして、一時間たばこを吸わないことを達成出来たら、次はよくたばこを吸うきっかけとなる時間や習慣などの時に吸わないようにします。
例えば、食事のあとは決まって煙草を吸う人や休憩時間に一服するといった人は、それを意識して行動します。
食事のあとにたばこを吸う人は、食事をする場所を禁煙席にするとか、休憩時間はたばこを吸わない人と一緒に過ごすなどすると自然とたばこを遠ざけることができます。

一日たばこを吸わないでいられればもう一日吸わないでがんばろうという気になり、それを積み重ねて次は三日、その次は一週間とだんだん増やしていきコツコツと小さな目標を達成していきましょう。

たばこをやめてもまた吸ってしまう人の特徴

たばこをやめてもついまた吸ってしまうといった人には、たばこについて正しい知識を持っておらず、間違った情報を正しいものだと信じ込んでしまっている人に多いようです。

特に、たばこをやめることは非常に難しく成功している人は稀だから、自分がもし禁煙に失敗したとしても当然だといった考えです。
これは間違いであり、タバコをやめる目的やきっかけ、目標などがあいまいで確立されていないときに起こります。
目標をきちんと設定していればこのような考えは簡単に回避することができるので、たばこをやめると決意したときに最初にやっておくべきことだと言えるでしょう。

たばこをやめて数年たっても、あることをきっかけにまた吸いはじめてしまう人がいます。
この理由もいろいろとありますが、たばこはストレスを解消したりイライラを緩和できると思い込んでいる人に多いようです。
例えば、禁煙に成功してから自分を取り巻くさまざまなことがうまくいっていたのに、急にストレスがかかることが起こり、それにうまく対処できないという事態に陥った時に、心を落ち着かせるためにたばこが必要だという考えに至ることなどです。

たばこは確かに一時的には気分が良くなりストレスがなくなったように感じることもあるでしょう。
しかし、それはほんの一瞬であり30分もたてばその効果もなくなってしまいます。
それだけでなく、たばこによるニコチンの依存性により、吸わないと逆にイライラがつのったり不安な気持ちになったりしてそれをずっと繰り返すことは常にストレスが付きまとっている状態となります。

禁煙の禁断症状を乗り越えるには運動を

禁煙をしている時に辛い禁断症状が起こった場合によいとされているのが軽い運動です。
急に激しい運動をすることは、逆に心身に大きな負担となってしまいますので、まずはウォーキングからはじめるとよいでしょう。
通勤などで電車を一駅前で降りて歩くなどしてもいいですし、コンビニなどちょっとした買い物に行くときに車を使わず歩いて行くといった身近なことからはじめると続けやすいです。

軽い運動をすることでセロトニンが増え、ニコチンに頼らなくてもストレスなどの症状緩和が期待できます。
また、朝日を浴びることでもセロトニンが増えるといわれていますので、朝の軽い散歩でもよい運動となるでしょう。
運動は禁煙に効果があるだけでなく、習慣にすることで健康維持にも役立ちます。